校正・校閲力養成講座

校正・校閲をフリーランスの仕事にするなら資格がおすすめ! 複数の出版社を転職しながら10年間編集実務を行った後、退職してフリーランスになりました。

Next

MOS資格とは?難易度・受験方法から対策法まで解説

校正作業にかかる専門知識や技能は実務経験を積むことでも取得が可能ですが、就職前に経験をアピールできると大きな強みとなるのも事実です。 校正技能検定• 「書くこと」と「読むこと」の違い• 最近は、印刷物のみならずWebサイトなど電子媒体の校正を行う仕事も増えてきています 活躍の場 勤務先として有望なのは、出版社や新聞社の校正部、校正の専門会社などです。 「執筆」と「編集」と「校正・校閲」の違い• 通学でも通信教育でも、内容は変わらないのでしっかり学ぶ事ができます。

Next

校正士ってどんな資格?難易度や通信講座、ホーム校正への活用まで全て解説!

どう考えても「執筆者本人がその文章に対して 徹底的に客観的になり間違いを探す」のは、明らかに限界があります。

Next

校正の転職と資格・検定

中級に合格すれば、上級試験を受けるための受験資格を得ることができます。

失敗しない校正講座の選び方&おすすめ比較【通学/通信講座】

ほとんどの求人では「制作・編集・校正」や「ライター・校正」といった募集が多いです。

Next

校正・校閲とはどんな仕事?それぞれの違いとなり方、作業のやり方

黙々と一人で作業する仕事が好きな人、細かい部分にまで気を配れる人に適している職業だと思います。 原稿をもとにゲラ刷りが生まれるわけですから、見るべきは「原稿通りに刷られているか」が第一です。 直しが大幅に入って行数が動く可能性もあるので、早めに落ち着かせたいところです。

Next