Webサイトをスタート画面にピン留めする方法【Windows 10】

私の場合には、ブログの表示をブラウザごとに確認したい時に使っています。 タイル数を増やすがオフになっていてオンに設定できないようになっています。 windows10の『スタート画面にピン留めする』が消えました。

Windows10で、よく使うウェブページをスタートメニューにピン留めする方法

この方法で作成したショートカットアイコンからは「スタートにピン留めする」が選択可能となっています。 さらにタスクバーにピン留めできなかったものをスタートメニュー画面にタイルとして追加すれば便利だと思います。

Next

Windows 10 のスタート画面に任意のアプリをピン留めする

アイコンが意図したものになっていない場合、インターネットショートカットを右クリックし、「 プロパティ」を押下します• デスクトップを広く使う事ができるので、用途によってはスタート画面にアイコンを置く方がいい場合もありますね。 「はい」ボタンをクリックします。 このようにタイトル(ここでは「よく使う設定」)をつけるとわかりやすいですね。

Next

【 Windows 10 】アプリをスタートメニューに「ピン留め」する方法

回答ありがとうございます。 お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

Windows 10 のスタート画面に任意のアプリをピン留めする

この右側のスタート画面をうまく使えるかどうかがWindows 10のスタートメニューを便利に活用できるどうかのポイントなのですが、標準のままのスタート画面は良く使うアプリがなかったり不要なアプリが登録されていたりと、あまり便利な状態ではありません。 で表示したホームページのタイルがピン留めされている事を確認します。 関連記事. ピン留めのやり方 タスクバーの移動、隠し方 タスクバーの位置は画面の上下左右に移動できるので、自分が作業しやすい(マウスなどを移動させやすい)場所に設定します。

Next

Windows 10のショートカット『ピン留め』とは?

お使いのWindows 10のバージョンにより、手順が異なります。 操作手順• これは極一部の方にしか需要が無いかもしれませんが一応ご紹介です。 windows7からの無料のwindows10をアップデートしています。

【Windows10】ショートカットをスタートメニューにピン留めする

スタート画面にピン留めしている複数のタイルを1つのフォルダーにまとめる操作は以上です。

Next

Windows10でスタートにピン留めできないアプリをピン留めする方法

デスクトップにインターネットショートカットが作成されます• Windows 10のスタートメニュー Windows 7にはあってWindows 8で消え、Windows 10で復活したスタートボタンとスタートメニューですが、Windows 7のスタートメニューと違い、スタートメニューの右側はWindows 8と同じタイルスタイルのスタート画面が表示されるようになりました。

Next