湯桶読み

また、それを所有している権利などをもいう。

Next

あつじ所長の漢字漫談1「重箱読み」と「湯桶読み」

昨日(きのう・さくじつ)• 重箱読み(じゅうばこよみ) 熟語の上の漢字を音読み、下の漢字を訓読みにすることです。 重箱読み・湯桶読み辞典 重箱読み・湯桶読みは、漢字3文字以上の熟語や、送り仮名を含むことばにも存在しますが、とりあえず、漢字2文字で書き表される熟語だけに絞ってあります。 2文字とも音読みでチョウネンと読むこともあるが、現在ではあまり使われない。

Next

あつじ所長の漢字漫談1「重箱読み」と「湯桶読み」

「辻」は日本で作られた漢字なので、音読みはない。 2文字とも訓読みで「てした」と読むことが多い。 本棚(ホンだな)• 「偏旁冠脚 ヘンボウカンキャク」と呼ばれる部首の位置を指す漢字のうち、「偏」だけは訓読みがなく、多くの湯桶読みを生み出す。

Next

湯桶

まず、両者を分かりやすくするために 熟語の全体像を把握しておきましょう。 「何気ない」という形で用いられる。

Next

中学入試の定番「重箱読み」と「湯桶読み」

「癪」は、気に障ること。

Next

漢字の音読みと訓読みの区別(3)

重箱読みを思い出すきっかけになります。

Next

国語その他

2文字とも訓読みで「はしたぜに」とも読む。

Next