まったく新しいエレガントな「甘い生活」的クーペ、“フェラーリ・ローマ”誕生!

《森脇稔》. なんといっても「非日常」なのがスーパーカーですから、あまり身近なのもどうかと。 さらに、調和の取れたプロポーションとピュアでエレガントなボリューム感を、さまざまなエレメントの間で確実に調和させることを目指したという。

Next

「ローマ」が継承するラグジュアリー・フェラーリの系譜

最大の高さの「HD」に展開すると、可動エレメントはリアスクリーンに対して135度の角度となり、ダウンフォースを増加させる、としている。 その後、パーソナリゼーション&アトリエ部門のマネジメントなどを経験し、日本代表に就任する前は南ヨーロッパ・アフリカ地域セールス・マーケティングの責任者を務めていた。

Next

フェラーリ・ローマ

ターボ用タービンの最大回転数を上げてパワーアップを実現しました。 Ferrari Roma 車両本体価格:26,820,000円(税込)• 掉尾(ちょうび)を飾るのは、1950年代から60年代にかけての優雅な生活を思い出させると謳(うた)われた「フェラーリ・ローマ」だ。 マラネッロの伝説のチームに捧げる正真正銘のオマージュです。

Next

「フェラーリ・ローマを買いに行ってみた!」intensive911(JUN)のブログ | intensive911(ポルシェ、ランボルギーニ、VW、アウディ、ミニ、レンジローバーほか)

これらは完全に推測ではありますが、ディーラーの推測によるとローマの実車を見ることができるのは1年は先、そして納車までは2年ほどかかるんじゃないかとのこと(繰り返しですが、現時点ではディーラー側もフェラーリから情報を与えられておらず、経験則や現状に照らし合わせての推測しかできない)。

Next

V8エンジン搭載のFRクーぺ、「フェラーリ ローマ」がついに日本へ上陸を果たした!

それでいてどこかレトロな印象があるのは、1960年代のフェラーリ製GTカーへのオマージュもあるのでしょう。

Next

フェラーリ・ローマが提案する新しい「甘い生活」

トランスミッションは、フェラーリ初のプラグインハイブリッド車(PHV)、『SF90 ストラダーレ』にも採用された新しい 8 速デュアルクラッチを組み合わせている。

Next