家族の性と生を考えるプロジェクト

フロイト、ジャック・ラカンの思想)においては、個人という人間モデルではなく、無意識の欲望の主体という人間モデルがある。

Next

セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスケア

それもこれも、フェラチオと膣外射精などが主流であるアダルトビデオからセックスを学ぶ現代若者像を反映しているとは言えないだろうか。 「産む選択」と「産まない選択」 「25~35歳が妊娠と出産に最も適した期間だ」という内容を学校で使用する教科書に妊娠や年齢に記載をしてほしいと要望したときに「産むことを押し付けているのではないか?」という意見が出たこともあります。 一方で前田医師の指摘するように、日本の性教育はWHOやユネスコによる世界的な性教育のに鑑みても教育内容が不十分であり、かつ先進的な教育をおこなう学校関係者はバッシングの対象となりやすい。

Next

リプロダクティブ・ヘルス・ライツとは何か?

リプロダクティブヘルスは、個人とカップルが家族計画を利用する権利と個人にとって適切と思われる家族計画の方法を選ぶ権利を訴え、さらにはその権利を享受できるようなヘルスケアと情報の充実を保証することもうたっている。 奈良市の取り組み 男女共同参画基本計画には、「女性の健康の増進と福祉の向上」の中に、リプロダクティブ・ヘルス/ライツが守られるための施策を盛り込んでおり、意識の浸透や生涯を通じた女性の健康の保持増進を図っています。

Next

性って、命のことなんだ。 「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」が、 自分と誰かを守る。

日本はこれからもスーダンでの教育支援を続けていきます。 弱者側にはエンパワーメントが、強者側には弱者を抑圧しないようにという教育が必要とされるのは、公的権力の介入に頼らないで弱者側の自己決定権を実現するためだと考えられる。 これほど女性の経済的な立場が弱い日本において、ますます「子供を産もう」と思える環境が遠のいてしまっていることが、明らかになったばかりなんです。

Next

リプロダクティブヘルスライツ

UNFPAがこれらの状況を改善するため現在力を入れて取り組んでいるのが,「3つのZEROのミッション」です。 6と年々増加し、この世代の性行動に大きな変化が生じたことを示唆している。 例えば,避妊具(薬)や家族計画へのアクセスがないことによる望まない妊娠が女性の「選択の自由」を阻んでいます。

Next

リプロダクティブ・ヘルス|もっとよく知る国際保健|保健医療NGO シェア=国際保健協力市民の会

【英】: 性と利と訳される。 わが国で最も広く使用されているコンドームについても、ゴムや潤滑剤にアレルギーを示したり、性感を損ねると訴える人がいるものの、安価で使い方もさほど難しくはなく、AIDSを始めとしたSTD予防の唯一の用具としての利点は評価に値する。 」キャンペーンは、同じ思いで共感してくださった、たくさんのアクティビストの方のおかげで推し進めることができています。

Next

UNFPA

下線部 4 :産むことをめぐる女性の自己決定権。

Next