松の内とはどんな意味?今さら聞けない期間や使い方、由来を簡単に!

ちなみに、松の内は二十四節気のように毎年時期がずれるものではないので、2019年も2021年も同じです。 どこに飾ればよいの? 正月飾りはそれぞれ意味があるため、飾る場所も決められています。

Next

松の内2020

受付期間も神社によって異なります。

Next

松の内の意味や由来って!?地域によっても違いがあるの!?

使われている餅・橙(だいだい)・干し柿を、それぞれ三種の神器である青銅の鏡・勾玉・剣に見立てています。

Next

松の内2020

お正月の遊び• 正月飾りである鏡餅を下げて食する日本の行事ですが、松の内の期間を説明するのにはこの鏡開きがとても重要です。 福笑い• 鏡開きのマナーとして、包丁で切る事は切腹を連想させるとして避けられ、必ず木槌などで叩き割ってから食べるとされています。 また年神様を迎えおもてなしをすることで、一年の幸福を得るためのご利益を分けていただく期間でもあります。

Next

松の内とは?関東と関西で時期が違う理由は?

関東と関西で期間が違ってしまった原因に、歴史的なエピソードがあります。 一年のスタートを気持ちよく切りましょう 松の内は歴史も古く、正月の門松や注連縄などの飾りつけをし、新年を祝うための期間をいいます。

Next

松の内とはいつまでを意味?正月の期間/この時期の行事を解説|2019の年中行事

まとめ いかがでしたでしょうか。 西日本では従来通り1月15日までとするのが一般的ですが、東日本では七草がゆを食べる1月7日までとするのが多い傾向があります。 昔の日本人にとって松はとても神聖な物でした。

Next