歴史的仮名遣いの一覧とその解説【中学古典(文語文法)講座】

しかし,これに対しては,保守的な人々から反対があり,国語表記の伝統を守るべきである,現代語だけの便利主義の思想はよくない,発音主義は品がない,実際上発音どおりに書くことはできない,発音どおりに書くには標準語の発音を決めなければいけないが,まだそれはできていない,外国でもつづり字改良運動は成功していない,歴史的仮名遣いはむずかしくない,などの論があったが,第2次大戦後の混乱時に現代かなづかい案が内閣訓令として公布され 1946 ,官庁の文書に用いられるにいたり,新聞,雑誌がこれに協力し,義務教育の教科書がこれに追随した。 「言おう」は「言お」ののびた音、「おー」といふ《お列》の長音に過ぎないのではないか、といふことです。

Next

簡単に覚えられる歴史的仮名遣ひ

しかしこのような学問的に決められた仮名遣いは、必ずしも一般の国語辞典・漢和辞典にすぐに採用されたわけではなく、旧説と新説が混在することもあった。 よって『てふてふ』は、現代仮名遣いにすると『ちょうちょう』となります。

Next

仮名遣い

「絶える」はヤ行「絶ゆ」で、「耐(堪)へる」はハ行です。

一 戦後国語施策の見直し:文部科学省

漢字仮名交じりで書く時の決まり。 この仮名遣ひが「契沖」の名を冠してゐるからといつて、これを彼個人の創意による新方式であるかのやうに受け取るのは誤りである。 この場合は「ない」といふ形容詞だけを遣ひますから、未然形は「あろ」だけです。

Next

歴史的仮名遣いの一覧とその解説【中学古典(文語文法)講座】

出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について. 書き言葉=仮名遣いって感じだよ。

一 戦後国語施策の見直し:文部科学省

1.助詞の「は」を「ワ」と発音する。

Next