昭和史発掘

」 p. 田中義一を調べていた石田次席検事は鉄道に轢かれて死んでいる。 もう一編が、桂太郎の愛妾であった美人芸者お鯉(安藤てる)が、小山松吉法相の収賄を告発し、逆に偽証罪で有罪になるという「『お鯉』事件」。

21世紀の本棚 » 昭和史発掘

政界に絡む事件の捜査中に起きた「石田検事の怪死」、部落問題を真正面から取り上げた「北原二等卒の直訴」、他に「陸軍機密費問題」「朴烈大逆事件」「芥川龍之介の死」など5篇を第1巻に収録。

Next

斎藤充功 『昭和史発掘 開戦通告はなぜ遅れたか』

二人の書き残した作品を引用しながら事件の真相に迫っています。 01 「妻たちの二・二六事件」澤地久枝著、中公文庫、1975. 01 「昭和史発掘 12 」松本清張著、文芸春秋、1971. init ' headerSwitchingArea', ' searchField' ; basicHeaderUserMenu. 力が入っている。 もう一編が、桂太郎の愛妾であった美人芸者お鯉(安藤てる)が、小山松吉法相の収賄を告発し、逆に偽証罪で有罪になるという「『お鯉』事件」。

Next

昭和史発掘 2 / 松本 清張【著】

その失敗後、軍部は「二・二六」再発をちらつかせながら、政・財・言論界を脅迫し戦時体制へと国民をひきずっていく。 balloonSymbol' ; basicAlertModal. やはり、それは正解でした。

文春文庫『昭和史発掘 1』松本清張

その処理の仕方によって、日本は世界の孤児になった。

松本清張「昭和史発掘」には史実認識の違いあり=受講生の作品より|穂高健一ワールド~書斎の小説家が街に飛び出した、気鋭のジャーナリストとして

153 は何故蛇足なのでしょうか? 著者自身が、その後で『入江日記』を引き合いに出し、昭和後期の魔女問題や「真の道」と 「昭和後期の皇室をも射程に入れた、非常にスケールの大きな物語なのでは」 p. 日本国の頂点に君臨することを証明する物的証拠を捏造し、陸軍や宮中の一部の人々に本物と信じ込ませることで、天皇家の正当性を根底から覆そうとする。

Next