英語の「多分、おそらく」は実現確率で表現が変わる?possibly・probabl

something is not certain この中でも、「 probably は『多分そうだろう』という 可能性が高い」、は確実だと言えます。 確かに。

この元ネタが分かる方いませんか?

故障 こしょうの 原因 げんいんは おそらく 部品 ぶひんの 劣化 れっかに 違 ちがいない こしょう の げんいん は おそらく ぶひん の れっか に ちがいない。

Next

奥様は惨殺少女 (おくさまはざんさつしょうじょ)とは【ピクシブ百科事典】

ただ大抵の場合は、<<文の主題と文の主語>>は同じなので「は」と「が」の使い分けが難しくなる。

Next

英語で「たぶん/おそらく/~かもしれない」推量の程度・強さを表す

私は恐らくスイッチを押します。

Next

probably、maybe、perhaps、possibly の確信度の違い :「たぶん」を意味する英語表現

おそらくは ていねい な ことば づかい の とき 、 しよう する とともに。 I thought I saw someone hiding in the bushes — perhaps we should call the police. また、シェイクスピアの事を知っている人なら、この後の、that is the question. watasi ha nihongo bogo wasya desu ga , suiryou hyougen ni tsukawa reru fukusi 「 kitto 」 「 tabun 」 「 osoraku 」 nitsuite minasan no iken wo ukagai tai omoi masu. 商品(経済的に価値のあるもの)に対して支払う金額であることが多い。 arigatou gozai masi ta !. 私は日本語母語話者ですが、推量表現に使われる副詞「きっと」「たぶん」「おそらく」について皆さんの意見を伺いたい思います。

たぶんおそらくきっととは (タブンオソラクキットとは) [単語記事]

「恐らく」は、そうならないかも知れないと思いながら推測する意味なので、語源として考えられるのは「恐る」からだと思われます。

Next