ロシアの宇宙開発|報告書|研究開発戦略センター(CRDS)

米中は新冷戦ではなく、宇宙でも国際協力を JAXAの無人探査機「はやぶさ2」は2月22日、地球から3億4000万キロメートル離れた小惑星「りゅうぐう」着陸に成功した。

Next

1.冷戦下の宇宙開発競争と有人宇宙探査

V2開発で電気部分の主任だったグレルトップは、ソ連のセルゲイ・コロリョフにその技術を伝え、ここからスプートニクが誕生しました。 宇宙空間(高度100km以上)で起こった唯一の死亡事故である。

Next

宇宙資源の開発に挑む――やがて枯渇する資源を、宇宙に求める時代に備えて

ここまで来て、コリンズは月面着陸させてもらえなかった!? この時、21キログラムもの月の石を持って帰ってきています。

Next

変わる「宇宙開発のゲーム」 新しい時代を開いたSpaceX:朝日新聞GLOBE+

運転席に乗せられた宇宙服姿のマネキンドライバーが、星間を悠々とドライブしているかのような映像を地球に送り届けたばかりです。

Next

宇宙開発競争の年表

東西冷戦時代、米ソは国家の威信をかけて宇宙開発で激しく競い合っていた。 このときの飛行は、日本人宇宙飛行士の向井千秋さんも搭乗しています。

Next

アメリカvsソ連の“宇宙開発競争”

中国は月面に探査機を送り、サンプルを集めてから地球に戻ってくることを計画している。

Next

宇宙開発における事故

- National Institute of Aeronautics and Space LAPAN• 他の企業と外交的パートナーシップを結んで宇宙探査の恩恵を共有するか、より大きな名声を求めてリスクを冒しながら単身火星へと乗り込むか。 中国、日本そしてインドによって実施されている宇宙開発計画はと旧が打ち立ててきた実績に比べれば質素なものであるが、アジアがこの分野を先導するようになるのは、時間の問題だろうと信じる専門家もいる。 つまり、民間企業の資金調達能力で十分にロケットが作れる環境が整ってきたといえます」 宇宙領域といえば、米テスラのイーロン・マスク氏の率いる宇宙開発ベンチャー「スペースX」や、米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス氏が設立した「ブルー・オリジン」、米ロサンゼルスを拠点とする航空宇宙企業「Rocket Lab」などのプロジェクトが知られ、破格の資金調達力がなければ参入できないという先入観を抱かれがちだが、そうではないというのである。

宇宙開発

宇宙開発においても優位に立つため、2019年度のNASAの予算を前年度から約3億7000万ドル増額させました。

Next