河川の使用に関する許可申請書|国土交通省北陸地方整備局 信濃川河川事務所

住宅レベルで河川区域内の工事はほぼないので、上記の申請はほとんど使いません。 )又はこの法律の施行の際現に改正前のそれぞれの法律の規定によりされている許可等の申請その他の行為 (以下この条において 「申請等の行為」という。 例えば、河川区域内に車の乗入れが必要で、そのために掘削や盛り土が必要になる場合はこの27条申請となりますね。

Next

河川法の許可が必要な行為

そのため、河川区域内に建築することは住宅レベルではほとんどありません。

Next

河川占用許可(河川法第24条および26条)/茨城県

河川の効用に影響を及ぼすおそれのある行為(工作物の設置、土石の採取など)を といい、 河川が有している財産的価値の取得(水利使用、土地(国有地)の占用、土石等の採取)を といい、 それぞれ河川法の許可を受けなければなりません。 以下この条において同じ。

Next

国・県道の占用許可や境界確認、河川法の許認可など (管理担当)

こちら()を参照してください。 その土地が相続に係るものである場合は、相続関係を証する書類 8. )、第244条の規定 (農業改良助長法第14条の3の改正規定に係る部分を除く。

Next

道路法第24条(承認工事)と道路法第32条(占用許可)との違いを教えてください。/柏崎市公式ホームページ

。 唯一ネックなのは申請期間が長過ぎる事ですかね。 不動産登記法第14条の地図(国土調査法に基づく「地積図」、土地区画整理法及び土地改良法に基づく「土地の所在図」並びに地図に準ずる図面(いわゆる「公図」と呼ばれているもの)を含む。

Next

河川法に関する申請書様式

河川区域内の土地において土石 砂を含む を採取しようとする場合は、河川法第25条により、所管の県土整備事務所長に申請し、許可を受ける必要があります。 )を当該都道府県知事等に代わつて自ら行うことが適当であると認められる場合においては、第9条第2項及び第5項並びに第10条第1項及び第2項の規定にかかわらず、その事務の遂行に支障のない範囲内で、これを行うことができる。

Next

河川法に関する申請書様式

2 この法律 (第11条及び第20条の規定を除く。 2 道路管理者は、道路管理者以外の者が道路の区域を立体的区域とした道路を構成する敷地((昭和二十三年法律第七十三号)又はに規定する行政財産であるものに限る。 )に対して第一項の規定によるその違反行為若しくは工事の中止を命じ、又は道路に存する工作物その他の物件の改築、移転、除却若しくは当該工作物その他の物件により生ずべき損害を予防するために必要な施設をすること若しくは道路を原状に回復することを命ずる権限を行わせることができる。

Next

河川法第24条(土地の占用の許可)

また、占用にあたっては、条例に基づいた占用料を納めていただきます。 協議に係る私有地等が、協議を行う者の土地であることを証する書類(不動産登記法(平成16年法律第123号)に定める登記事項証明書) 7. )との間において、次に掲げる事項を定めた協定(以下この節において「利便施設協定」という。 また、河川区域内において ・工作物を設置、撤去する場合。