IPA が「情報セキュリティ10大脅威 2020」を公開!今年注目の脅威はどれ?

金融サービスを悪用されて金銭被害が出るのも怖いのですが、Yahoo やなどのサービスの場合、 一つのアカウント情報を奪われると、一度に様々なサービスを乗っ取られてしまうことになりかねず、これまた影響が大きいですね。 公的機関を装った偽の相談窓口に誘導するといった新しい手口も確認されている。

Next

「情報セキュリティ10大脅威 2020」の一般利用者向け簡易説明資料公開|IPA

2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威• その3:セキュリティ施策提案時の経営層向け説明資料として利用 この資料に限らずですが、 IPAから発表されている資料は 経営層向けの説明資料や 補足資料として利用しています。

Next

IPAがセキュリティの「10大脅威2020」発表、スマホ決済の不正利用や標的型攻撃による情報窃取などが上位に

第7位 不注意による情報漏えい(規則は遵守) 組織や企業において、情報管理体制の不備や情報リテラシー不足等が原因となり、従業員が個人情報や機密情報を漏えいしてしまう事例が2019年も多く見られた。 今後も普及拡大することが予想されるIoT機器は、セキュリティ対策が必要な対象として認識しなければならない。 組織の順位に目を向けると「内部不正による情報漏えい」が昨年の5位から2位に上昇しました。

IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2020」決定

ヤマさんが考える「情報セキュリティ10大脅威2021」 1位 標的型攻撃による被害 2位 脆弱なテレワーク環境を狙った脅威 NEW 3位 ランサムウェアによる被害 4位 内部不正による情報漏えい 5位 企業を標的とするフェイクニュースの拡散 NEW 6位 IoT機器の不正利用(5Gによる大規模化) NEW 7位 多要素認証技術を突破する新たな脅威 NEW 8位 予期せぬIT基盤の障害に伴う業務停止 9位 不注意による情報漏えい(規則は順守) 10位 ビジネスメール詐欺. 犯罪者は、様々な方法で個人の情報を抜き取ろうとする。 情報セキュリティ10大脅威とは でも書いていますが、 情報セキュリティ10大脅威は、社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案のランキング上位10個を指したものです。

プレス発表 「情報セキュリティ10大脅威 2020」を決定:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

6MB、ページ数:86P• 第4位 インターネットバンキングの不正利用 フィッシング詐欺やウイルス感染により、インターネットバンキングの認証情報を窃取され、攻撃者が本人になりすました不正送金や不正利用が行われている。 セキュリティ施策提案時の経営層向け説明資料として利用 その1:自身のセキュリティ対策への理解 次から次へと新たな脅威が発生し それぞれについて全てを理解することは なかなか難しいものです。

Next

IPA/「情報セキュリティ10大脅威 2020」各脅威の解説資料を公開

誹謗・中傷やデマの対象となった被害者は、精神的苦痛に苛まれる。

Next

IPAが「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表:「スマホ決済の不正利用」が初登場で1位

当社では、。 IPAが発表した「情報セキュリティ10大脅威2020」は、2019年に社会的影響が大きかった10大セキュリティトピックである。 自分は遭うはずがないと過信するのは危険だ。

Next

情報セキュリティ10大脅威 2020 の活用方法 3選|はなてっくぶろぐ

急遽中途入社する方向けに 研修する機会をいただいたこともあり ブログにも掲載しました。

Next