経団連:「チャレンジ・ゼロ」 (2020

日本なら、将来のCO 2排出削減コストは、1t当たり年間で1万円くらいかかる可能性があります。 25 - 0. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は27日付リポートで、同演説で言及された政策については、(1)次世代型太陽電池やカーボンリサイクルなどの革新的なイノベー ションを促すために、研究開発やグリーン投資を促進、(2)省エネルギーを徹底、(3)再生可能エネルギーを最大限導入、(4)安全最優先で原子力政策を進める、(5)長年続けてきた石炭火力発電に対する政策を抜本的に転換と指摘。 また伐採した後に新たな木を植えることで新たに炭素を溜め込む。

Next

菅首相 所信表明 “脱炭素社会実現” 経済界の取り組みと課題は

化石燃料が燃焼した際の排出ガスからCO 2を分離・回収して、地中に貯留する技術です。

世界が進む新たなフェーズ「脱炭素化」とは

リポートでは「菅首相はいつから環境問題に熱心だったのか?」と疑問を呈しつつ、BS日テレの「深層NEWS」で、読売新聞の記者が菅首相が2003年の経産政務官時代から環境問題への意識が高かったと指摘したことを紹介。

Next

脱炭素社会とSDGs

対策として、排出量と吸収量を均衡させなければならない。 電力事情や産業構造の違いはあるものの、イノベーションを進めることで削減できる余地は大いにあると言えるだろう。

Next

「脱炭素社会」がこれからのビジネスのキーワードに!

そうするためには、経済拡大を最重視する政治ではとても駄目で、将来世代の声を充分に反映する民主政治であり、環境を守ることを主軸に据えた政治に変える必要がある。

【主張】脱炭素社会の実現 再エネの主力電源化が重要だ

ユニリーバは2030年までに carbon positive を実現するという目標を掲げていますが、 その内容は、 「自社の使用量よりも多くの自然エネルギーの発電を支援」するというもので、 化石燃料に依存しない企業活動を目指すという方向性を明快に表しています。 ヨーロッパに目を転じればEUが、2030年までに、1990年比で少なくとも40%の温室効果ガス排出量を削減する目標を設定しています。 しかし、世界的に進む脱炭素化の潮流が変わることはないでしょう。

Next