楽天ブックス: 診療報酬点数表 医学管理の完全解説 2020

3 医師は診療録に分析結果を記載する。 )に限る。

Next

ここがポイント!診療報酬点数表の使い方

本書の8つの特長 1. 厚さ? やっぱり知りたいですか? 笑 はい! 4. 3 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、注1本文に規定する別に厚生労働大臣が定める患者であって入院中のものに対してリハビリテーションを行った場合は、発症、手術若しくは急性増悪から7日目又は治療開始日のいずれか早いものから起算して14日を限度として、初期加算として、1単位につき45点を更に所定点数に加算する。 2 注1本文に規定する別に厚生労働大臣が定める患者であって入院中のもの又は入院中の患者以外の患者(脳卒中の患者であって、当該保険医療機関を退院したもの又は他の保険医療機関を退院したもの(区分番号A246の注4に掲げる地域連携診療計画加算を算定した患者に限る。 そんなものはないのです。

Next

医科診療行為マスター|社会保険診療報酬支払基金

ただし、同年九月三十日以前に行われた療養に関する費用の額の算定については、なお従前の例による。 4 注1本文の規定にかかわらず、注1本文に規定する別に厚生労働大臣が定める患者であって、要介護被保険者等以外のものに対して、必要があってそれぞれ発症、手術若しくは急性増悪又は最初に診断された日から150日を超えてリハビリテーションを行った場合は、1月13単位に限り、算定できるものとする。

令和元年 e

もうとことんまで使い倒してください。 全ての点数を覚えるなんて不可能ですから。 通則・注・関係通知として留意点など細かな説明がびっしりと掲載されているので、読むのが億劫になるかもしれません。

Next

ここがポイント!診療報酬点数表の使い方

攻める診療報酬請求という言葉のとおり常に点数を稼いでいくという意識が必要です。 5 テスラ以上のMRI装置を有する他の保険医療機関と連携し、当該患者に対してMRI撮影ができる等、乳房MRI撮影加算の施設基準を満たす保険医療機関と同等の診療ができる場合においては、当該施設基準を満たすものとして差し支えない。 これに近い表紙の本が、うちの院内にある大阪府医師会「医科診療報酬点数表」です。

Next

改定内容(歯科)|社会保険診療報酬支払基金

それは各個人のやり方なので真似する必要はありませんが、大事なことは自分で読み解く力、スキルを向上させようと工夫することです。 )に限る。 2年ごとにある点数改定の際には、最新の診療報酬点数の早見表を準備して下さいね。

令和2年 e

もちろん知識があるに越したことはないです。 2006年4月学校法人川口学園早稲田速記医療福祉専門学校専任講師。

Next

101 皮膚欠損用創傷被覆材|e

D283 発達及び知能検査 4 区分番号「D283」発達及び知能検査の「1」とは、津守式乳幼児精神発達検査、 牛島乳幼児簡易検査、日本版ミラー幼児発達スクリーニング検査、遠城寺式乳幼児分析 的発達検査、デンバー式発達スクリーニング、DAMグッドイナフ人物画知能検査、フロスティッグ視知覚発達検査、脳研式知能検査、コース立方体組み合わせテスト、レー ヴン色彩マトリックス及びJARTのことをいう。 診療報酬改定2020の公認心理師関連項目も合わせてどうぞ. 主要目次 【2018-19年版の主要目次例】 はじめに 医学管理等 B000 特定疾患療養管理料 B001 特定疾患治療管理料 他 参考1 特掲診療料に関する別表第1〜第8 参考2 特定疾患療養管理料等の対象疾患及び対象外疾患 【目次】(「BOOK」データベースより) 医学管理等一覧/2020年診療報酬改定による「医学管理等」の改定内容/オンライン診療と情報通信機器を用いた医学管理等/通則/特定疾患療養管理料/特定疾患治療管理料/ウイルス疾患指導料/特定薬剤治療管理料/悪性腫瘍特異物質治療管理料/小児特定疾患カウンセリング料〔ほか〕 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 川人明(カワヒトアキラ) 1947年、大阪府生まれ。 別表 第一 医科診療報酬点数表 [目次] 第1章 基本診療料 第1部 初・再診料 第1節 初診料 第2節 再診料 第2部 入院料等 第1節 入院基本料 第2節 入院基本料等加算 第3節 特定入院料 第4節 短期滞在手術等基本料 第2章 特掲診療料 第1部 医学管理等 第2部 在宅医療 第1節 在宅患者診療・指導料 第2節 在宅療養指導管理料 第1款 在宅療養指導管理料 第2款 在宅療養指導管理材料加算 第3節 薬剤料 第4節 特定保険医療材料料 第3部 検査 第1節 検体検査料 第1款 検体検査実施料 第2款 検体検査判断料 第2節 削除 第3節 生体検査料 第4節 診断穿刺・検体採取料 第5節 薬剤料 第6節 特定保険医療材料料 第4部 画像診断 第1節 エックス線診断料 第2節 核医学診断料 第3節 コンピューター断層撮影診断料 第4節 薬剤料 第5節 特定保険医療材料料 第5部 投薬 第1節 調剤料 第2節 処方料 第3節 薬剤料 第4節 特定保険医療材料料 第5節 処方箋料 第6節 調剤技術基本料 第6部 注射 第1節 注射料 第1款 注射実施料 第2款 無菌製剤処理料 第2節 薬剤料 第3節 特定保険医療材料料 第7部 リハビリテーション 第1節 リハビリテーション料 第2節 薬剤料 第8部 精神科専門療法 第1節 精神科専門療法料 第2節 薬剤料 第9部 処置 第1節 処置料 第2節 処置医療機器等加算 第3節 薬剤料 第4節 特定保険医療材料料 第10部 手術 第1節 手術料 第1款 皮膚・皮下組織 第2款 筋骨格系・四肢・体幹 第3款 神経系・頭蓋 第4款 眼 第5款 耳鼻咽喉 第6款 顔面・口腔・頸部 第7款 胸部 第8款 心・脈管 第9款 腹部 第10款 尿路系・副腎 第11款 性器 第12款 削除 第13款 臓器提供管理料 第2節 輸血料 第3節 手術医療機器等加算 第4節 薬剤料 第5節 特定保険医療材料料 第11部 麻酔 第1節 麻酔料 第2節 神経ブロック料 第3節 薬剤料 第4節 特定保険医療材料料 第12部 放射線治療 第1節 放射線治療管理・実施料 第2節 特定保険医療材料料 第13部 病理診断 第1節 病理標本作製料 第2節 病理診断・判断料 第3章 介護老人保健施設入所者に係る診療料 第1部 併設保険医療機関の療養に関する事項 第2部 併設保険医療機関以外の保険医療機関の療養に関する事項 第4章 経過措置 別添1 第1章 基本診療料 第1部 初・再診料 第1節 初診料 第2節 再診料 第2部 入院料等 第1節 入院基本料 第2節 入院基本料等加算 第3節 特定入院料 第4節 短期滞在手術基本料 第2章 特掲診療料 第1部 医学管理等 第2部 在宅医療 第1節 在宅患者診療・指導料 第2節 在宅療養指導管理料 第1款 在宅療養指導管理料 第2款 在宅療養指導管理材料加算 第3節 薬剤料 第4節 特定保険医療材料料 第3部 検査 第1節 検体検査料 第1款 検体検査実施料 第2款 検体検査判断料 第2節 削除 第3節 生体検査料 第4節診断穿刺・検体採取料 第5節薬剤料 第4部 画像診断 第1節 エックス線診断料 第2節 核医学診断料 第3節 コンピューター断層撮影診断料 第4節 薬剤料 第5節 特定保険医療材料料 第5部 投薬 第1節 調剤料 第2節 処方料 第3節 薬剤料 第4節 特定保険医療材料料 第5節 処方料 第6節 調剤技術基本料 第6部 注射 第1節 注射料 第1款 注射実施料 第2款 無菌製剤処理料 第2節 薬剤料 第3節 特定保険医療材料料 第7部 リハビリテーション 第1節 リハビリテーション料 第2節 薬剤料 第8部 精神科専門療法 第1節 精神科専門療法料 第2節 薬剤料 第9部 処置 第1節 処置料 第2節 処置医療機器等加算 第3節 薬剤料 第4節 特定保険医療材料料 第10部 手術 第1節 手術料 第1款 皮膚・皮下組織 第2款 筋骨格系・四肢・体幹 第3款 神経系・頭蓋 第4款 目 第5款 耳鼻咽喉 第6款 顔面・口腔・頸部 第7款 胸部 第8款 心・脈管 第9款 腹部 第10款 尿路系・副腎 第11款 性器 第12款 削除 第13款 臓器提供管理料 第2節 輸血料 第3節 手術医療機器等加算 第4節 薬剤料 第5節 特定保険医療材料料 第11部 麻酔 第1節 麻酔料 第2節 神経ブロック料 第3節 薬剤料 第4節 特定保険医療材料料 第12部 放射線治療 第13部 病理診断 第1節 病理標本作製料 第2節 病理診断・判断料 第3章 介護老人保健施設入所者に係る診療料 第1部 併設保険医療機関の療養又は医療に関する事項 第2部 併設保険医療機関以外の保険医療機関の療養に関する事項• ですがそうはいってもまず何をという人には3点だけあげておきます。

Next