日本が見捨てられる日(後編)〜ハイパーインフレに備える資産運用〜藤巻健史(経済評論家・フジマキジャパン代表)

ヘリコプターマネーは政府が発行した国債を日銀が直接引き受けます。

Next

日本国破綻に備える、とってもカンタンな方法(橘 玲)

いざ買ったら空室を埋めるために不動産屋をめぐり• 当時はもうすぐ第2時世界大戦が起きるというタイミング。 デフレは借金の負担が重くなるので、国の借金が世界一多い日本は返済できなくなる可能性が高くなるからだ。

Next

【書評】ハイパーインフレが日本で起こる可能性はある?対策は?

オイルショックのように、国債発行残高が少なくてもハイパーインフレは起こります。

Next

日本でハイパーインフレは起きうるのか?【日銀破綻派 vs リフレ派 vs MMT派】|ザ・ブログ

マネーストックが上昇するヘリコプターマネーとは? 現在の日本の金融緩和の仕組みではハイパーインフレは起こり得ないことをお伝えしてきました。 インフレがとてつもない勢いで進行し、物価が2兆倍を超えてしまったのです。

Next

ハイパーインフレの恐怖!日本で起こる可能性と対策|うちな~ライフ|投資、事業、暮らしを楽しむブログ

ちなみに、インフレ対策として「株」や「不動産」がありますが、ハイパーインフレに対しては効果がない可能性があります。 そこで、国債の金利が上がり、日本はますます、借金の支払いができなくなるわけです。

Next

ハイパーインフレとデノミ

結果的に、市中金融機関が保有する円を日本銀行の中の口座に預け入れてしまっているのです。 つまり、1,000万円の貯金は1年で100万円の価値しかなくなってしまいます。 もしも実際にハイパーインフレが起こった場合は、アルゼンチンでハイパーインフレが起こったときと同じように、多くの国民が一文無しになってしまいます。

ハイパーインフレが起きるとどうなるのか?

2008年に起きたなジンバブエ共和国(アフリカ大陸の南部)のハイパーインフレは、1兆倍以上跳ね上がりました。 コロナショックは全世界の経済を止めるほどの猛威で、すべての国が自国防衛に走っている。 もう一度、先ほどのマネーストックをご覧ください。