老年歯科医学

を公開しました。 二項ロジスティック回帰分析の結果,低栄養状態と関連する項目は,年齢,非経口摂取,兵頭スコアであった。

ログイン/一般社団法人日本老年歯科医学会 第32回学術大会

提出期間(アップロード期間):2020年8月7日〜2020年8月21日 2020. 2020年7月27日 、を掲載しました。 目的:超音波スケーラーによる歯石除去は,注水を伴うため唾液などの混和した冷却水を誤嚥させるリスクがあり,寝たきり高齢患者では使用することが困難であった。

Next

学術大会一覧

結論:口腔ケア用ジェルを用いたスケーリングは,寝たきり高齢患者においても唾液などの混和した冷却水などの誤嚥の危険性が少なく,歯髄・歯肉への為害作用もみられないことから,これらの患者においても口腔ケア用ジェルを用いることにより,超音波スケーラーによる歯石除去が行える可能性が示唆された。

Next

一般社団法人 日本老年歯科医学会

結果:舌圧,咬合力,舌口唇運動機能の各値は,高齢群で有意に低かった。

日本老年歯科医学会 事後抄録投稿フォーム

2020年11月13日(金)までにご提出いただきます。 歯科医療において感染防止を目的としたオンライン診療の報告はまだない。 (1)スポンサードセッションはオンデマンド配信とLIVE形式の2種がございます。

Next

第62回 歯科基礎医学会学術大会

オンデマンド配信プログラムなど含め是非ご視聴・閲覧ください。

日本老年歯科医学会第31回学術大会

2020年6月23日 、、を掲載しました。 感染症流行期の特措的手段として情報通信機器を用いた代替法が実施可能であり,摂食嚥下リハビリテーションを含む食事支援においてオンライン診療は実用可能であることが示唆された。 5%)にすぎなかった。