日本国憲法 第一一章 補則 第100条〜第103条

選挙権や憲法改正の国民投票などです。 いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

日本国憲法 全文

〔内閣の助言と承認及び責任〕 第三条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。 〔学問の自由〕 第二十三条 学問の自由は、これを保障する。 〔弾劾裁判所〕 第64条国会は、罷免の訴追を受けた裁判官を裁判するため、両議院の議員で組織する弾劾裁判所を設ける。

阿部総理は、9条に3項を追加しようと考えている

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。

Next

日本国憲法第11条

〔国民たる要件〕 第10条日本国民たる要件は、法律でこれを定める。

日本国憲法第11条 ‐ 通信用語の基礎知識

行政機関は、終審として裁判を行ふことができない。 会社のを巡る争訟でが犯罪歴を開示した事件、およびその是非について争われた• 2 両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

Next

阿部総理は、9条に3項を追加しようと考えている

〔請願権〕 第十六条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

Next