【心頭を滅却すれば火もまた涼し】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

ことわざの「心頭を滅却すれば火も亦た涼し」 は誤読といわれる。

Next

「心頭滅却」の意味とは?ことわざでの使い方や類語も解説

妙心寺第27世仁岫宗寿の法を嗣ぐ。 しかし心の持ちようで苦労やつらさを、前に進もうとする気持ちにすることはできるのではないでしょうか。 信玄はすぐに使いを送り、快川を甲斐随一の名刹と誉れ高い恵林寺に招いた。

Next

仏教辞典

その住僧としての境地に、後世の人々は尊敬の念を抱き続けてきたからこそ、この「心頭滅却すれば火もまた涼し」という言葉が広く浸透しているといえます。 現代でも人気が高く、大河ドラマの主人公としてその生き様が取り上げられています。

「心頭滅却すれば火も自ずから涼し」と詠んで焼死した人がいる | 雑学王

また、「心頭を滅却すれば火もまた涼し」は「耐え抜く」という意味を持つので、暑さだけでなく、苦労やチャレンジを強いられるような「厳しい状況をなんとか乗り切らなくてはならない」場面で使われます。

Next

心頭滅却すれば火も又涼しって誰の言葉でしたっけ?

自分自身へのいましめにつかう場合でも、体調を崩さないよう注意する必要があります。 織田軍に、かくまっている武士の、 引き渡しを求められましたが、断固拒否。

【心頭を滅却すれば火もまた涼し】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

「心頭を滅却すれば火もまた涼し」の意味 「心頭を滅却すれば火もまた涼し」は 「どのような苦痛も気持ちの持ちようでしのぐことができる」という意味のことわざです。 37-38. 「無念」は雑念を生じる心を捨てて無我の境地に至るという意味があり、「無想」は心の働きがないという意味があります。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」の意味を外国人に説明したいのです...

簡単に言えば、この世に在る宇宙や、地球、一切の資源や生命というものは『絶対的』で、誰の目から、どう見ても、そこに絶対に存在して動かない。

Next