メンテナンスなし!可変範囲のプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)の作り方

Cells rngSearch. まずはこのように表記させたい項目の全データを別のシートに記入します。 xls」は閉じて置いてください。 都道府県の入力セルを選択し、メニューの「データ」より「データの入力規則」を選択します。

Next

ドロップダウン リストを作成する

連動先の選択肢から不要な空白を除外した状態 ただし選択肢が空白セルなしに詰められている必要があります。 データを入力するにあたり、複数の項目(キーワード)を「データの入力規則」で選んで入力しています。 Range "C2". 小分類の見出しは、大分類と中分類の値を結合したものにします。

エクセルのプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を連動する|Office Hack

可変範囲の指定 やっと、ここからが本番です。 Calendar1. Transpose Range "B5:B9". 「カテゴリー」のセルを選択 3.「データ」のタブを選択し、データツールにある「データの入力規則」のアイコンをクリックします。 北海道は1件のみのため多くの空白が発生 これは最初の方法のは選択肢に空白を含まない範囲を選ぶことで 空白を発生させないことが可能です。

Next

Excel プルダウンリストから項目を選択して自動反映する方法

メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。 それ、VBAなら作れるかもしれませんよ。

Next

連動するドロップダウンリストをテーブルを利用して作成する:Excelの基本操作

Cells rngSearch. 別表のセル範囲に名前を定義する手順 【手順】• これで、B列のプルダウンリストには、「ユニット」という名前の範囲にある4種類のユニット名が出てくるようになりました。

Next

エクセル(Excel)で2つのプルダウンリストを連動しよう♩+INDIRECT関数

Range "B2". ドロップダウンリストを作成することで、データを素早く正確に入力することができるので、ぜひ試してみてください。 Excelを使用することでこのように簡単に見やすい資料を作っていくことが出来ます。

Next

【EXCEL】プルダウンリストと別セルの関連付けを行う方法

新着記事で探す• Validation. でも、1つずつ理解していけば絶対に理解できるようになります。 Names. 「次の値を含む」の右隣の入力欄には、ドロップダウンリストを使って色を変更したい項目の名前を入力します。 全ての項目の名前ボックスの変更が完了すれば、項目のリストが間違っていないのかということを確認するために、 「数式」のタブから「名前の管理」をクリックすると、上の図のように表示されます。

Next

【Excel VBA入門】ドロップダウンリストの作り方。複数リストの連動方法も解説

1.表を作成し、空いている場所にドロップダウンリストに表示させたい「項目リスト」を入力します。 入力規則(プルダウン)を設定 検索シートのプルダウンを設定するセルを選択し「データの入力規則」を選択します。 そんな都合のいい事はできませんでしょうか? 説明が下手で本当にごめんなさい。

Next