韓国車が販売されていないのは日本だけ?!世界でも評価が高いヒュンダイ、ジェネシス、キアの最新モデルをピックアップ!

乗り味は硬いが角が丸められた質感の高いもの。 2013年6月12日、KBS WORLD。

Next

HYUNDAIやKIAの自動車は日本で購入することはできないのでしょう...

「アウディ・RS3」• ヒュンダイ・キアは日系や欧米メーカーからエンジニア、デザイナー、さらには経営陣を迎え入れ、商品企画と研究開発における改革を行ったのだ。 (のOEM車種)• レクサスやベンツのE350などを意識しています。 2015年に立ち上げられた同ブランドの最新作がこちらのセダンタイプ、 「ジェネシス・G70」となります。

レクサス「IS」に対抗 韓国キア「スティンガー」改良新型登場

エンジンには傘下メーカーであるキア開発の 1. この記事のもくじ• 同社はまず、高性能車の開発と自社ブランド強化のために、BMW社のMパフォーマンス・カー部門のチーフエンジニアだったアルバート・ビアマンを引き抜いた。 また、韓国車メーカーには、「サンヨン自動車」もあります。 (2代目がベース)• このような、 多くの人が車に求める快適さがソナタの魅力といえ、評価されている部分といえます。

Next

韓国・起亜「スティンガーGT」はポルシェやBMWよりも速いことが発覚。コーナリングも速いぞ【動画有】

0L直列4気筒ターボのガソリンエンジン2種があり、米国のみディーゼルエンジンが選べます。 意外と思われるかもしれませんが、アメリカにおいては韓国車も人気なのです。

Next

レクサス「IS」に対抗 韓国キア「スティンガー」改良新型登場

(ユニフォームスポンサー)• 元BMWのアルベルト・ビーアマンさんが開発を主導した走りはすばらしく、コーナリング、ブレーキ、パワーのすべてがハイレベルで、LAで乗った時には本当に感動しましたよ。

Next

日本が知らないうちに変貌する韓国「キア・スティンガーGT」の魅力

モデルラインナップは、Bセグメントから中型SUVと高級セダンまで、日本車とのガチンコ勝負に出た。 車は顔を必要とし、私は新しいキアの顔は強力で独特なものだと考える。 2017. 規定が導入されて以降はシードに車両をスイッチしたが、2017年で活動を休止している。

日本が知らないうちに変貌する韓国「キア・スティンガーGT」の魅力

また起亜自動車も日本市場から撤退してしまいました。 3L、V6ツインターボも用意され、若いクルマ好きから大きな注目を集めている。

「中身はドイツ車」な韓国車の完成度に驚き…ワールド・カー・アワード試乗

(中型バス。 キア・スティンガーはこんなクルマ キア・スティンガーは2017年に5月ソウル・モーターショーにて発表された「クーペ風セダン」で、当時はそのデザイン性の高さから大きな話題を呼んだ一台です。

Next