相模原・障害者施設の殺傷事件に思う。私たちはどちらの未来を選択するのか?

ネット・コミュニケーションは、愛も憎しみも燃え上がりやすい(社会心理学)。 障がいのある方だけでなく、地域住民の皆様をはじ めとするすべての国民の皆様の安心・安全のためにも、ぜひとも障がいのある方への支援に 高い志を持つ方に福祉現場で働いて頂きたいと願うとともに、私たち自身もより良い人材 の確保と育成に向けた取り組みを続けていかなくてはなりません。

Next

相模原事件と優生思想

そして、弱い立場の人間だからどうせ何も言い返せないだろうという考えが透けて見える。 だが、その願いは叶えられない。

Next

相模原 障害者殺傷事件 “内なる差別”を乗り越えたい

「精神病院に入院」「通院」といった部分記述は、事実であっても、その一文(以下、病歴報道)によって、読者には「精神疾患」が事件の原因であり、動機で あると読まれてしまいます。

相模原事件を考える~公判を前に:ともに生きることと優生思想 社会学者・立岩さんの視点

そのために私も周囲から差別を受け、結婚できるのか、子どもを持てるのかと、ずっと悩んできました」 仙台市内で6月に開かれた旧優生保護法を巡る裁判の集会。 の2018年1月24日時点におけるアーカイブ。 優生思想といった論理破綻したマクロなものに囚われるのではなく、個々の思想の背景に目を向けなければならない。

「相模原障害者施設殺傷事件」からの優生思想

植松さんは「障害者から国民を守る党」という政党でも作って障害者をさせる制度を作ればよかったのかもしれません。 殺人事件のうち13. 佐々木つとむ殺人事件とは? 昭和50年代、人気モノマネ芸人として活躍をしていた佐々木つとむ。

Next

「相模原障害者施設殺傷事件」からの優生思想

確かに私は施設で働いたこともないし、施設というものが、いかに人間を人間らしくなくさせるところであるかという指摘がありますね。

Next

障がい者抹殺思想は相模原事件の容疑者だけじゃない! 石原慎太郎も「安楽死」発言、ネットでは「障がい者不要論」が跋扈|LITERA/リテラ

2017年10月19日閲覧。 『朝日新聞』1996年3月12日朝刊神奈川県版「知的障害者施設の改築終わる 相模湖町 /神奈川」• 相模原障害者施設殺傷事件の被害者は? — 2017年 7月月25日午後7時28分PDT 津久井やまゆり園は、神奈川県が1964年から設置し、社会福祉法人「かながわ共同会」が運営している知的障害者施設です。 そうすれば、その社会が表面的にはどうであれ、本当は人間をどう扱う社会なのかが一目でわかるから」と言ったそうです。

Next

相模原 障害者殺傷事件 “内なる差別”を乗り越えたい

」という内容のツイートを 、自撮り写真を添付してに投稿していた。

Next