結城政勝公御影堂と木造結城政勝像

つまり、争いごとを回避するために成立した分国法は、当時の大名の抱える問題が透けて見える貴重な資料というわけだ。

分国法とは何だ?戦国時代の法律?これを知れば人間味溢れる戦国大名の「生の声」が聞こえる! | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

この関係から11年()のでは、岳父・成綱と共にの際は高基側についている。 義政の子若犬丸は陸奥に逃れて、鎌倉公方に抵抗したが、ついには行方不明となってしまった。

Next

結城政勝公御影堂と木造結城政勝像

で、「結城政勝」って一体どこの誰よ?とツッコみたくなる。

Next

結城家(公卿補任に記載された武家)

こうして下野の名族小山氏は断絶したため、その名跡を基光の二男泰朝が継ぐことになった。 岩上家 (いわがみけ) 結城家の重臣として活躍した岩上家。

Next

山川館(常陸・山川城) 結城四天王・山川氏の本拠地

結城政勝は の足利晴氏(古河公方)の弟で下野・ 主の小山高朝らの援軍を得て迎撃し、小田政治の本陣を夜襲すると首級300を挙げ、更には下妻城に押し寄せたようです。 このような小山・結城氏の関係によって、高朝の三男晴朝が政勝の養嗣子となって結城氏に入った。 一方、幕府は鎌倉公方持氏の勢力拡大を危険視するようになり、両府の間には不穏な空気が流れるようになった。

Next

【刀剣ワールド】結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)|戦国時代の戦国大名

その後、結城政勝に跡継ぎがいなかったため、結城高朝の三男「小山晴朝」(おやまはるとも)を養子に迎え家督を継承しました。 その藤原北家秀郷流である近藤氏の氏族の水谷氏(みずのやし)が、結城城主・結城氏朝の重臣である水谷勝氏 水谷伊勢守勝氏 と言う事です。 或実時光男。

Next

下館城 水谷正村と水谷勝俊 不敗伝説を作った水谷氏

関連氏族・関連人物 [ ] 著『藩翰譜』の水谷氏の項に、「水谷多賀谷山川岩上の者共は、もと結城の家の四天王なればとて、」の記述がある。 そこで・高の三男を養子に迎え、跡を継がせた。

結城政勝公御影堂と木造結城政勝像

また、結城四天王の一人である下館城主の水谷正村に娘の小藤 こふじ 姫を嫁がせ、二人の間には女子が産まれました。

Next