検察庁法改正案、なぜ三権分立が揺らぐ?日弁連副会長「検察官は司法に密接に関わっている」

次長検事や全国に8人いる検事長などの幹部は、63歳を過ぎると「ヒラ」に戻る。

Next

「#検察庁法改正案に抗議します」は法案の中身を調べもしない雰囲気で騒いでいると批判の声が起こる!

司法(裁判所) これら3つに分ける仕組みのこと。

Next

検察庁法改正案「強行採決」見送ったが... 「ゆるむ与党」で理解得られるか: J

最大の問題は、63歳以上は高検検事長や地検検事正といった幹部職に就けない「役職定年」を導入する一方、内閣や法相が「職務遂行上の特別の事情」などで「公務の運営に著しい支障が生ずる」と認めれば、例外的に延長することも可能な「勤務延長」規定を設けたことだ。 ただし、 内閣は、63歳になった〈次長検事〉〈検事長〉を、職務の遂行上の特別の事情を勘案して、公務の運営上著しい支障が生じると認めるときは、その職のまま1年まで延長させることもできます(22条5項)。

Next

検察庁法改正案は「必要」 政府、次期国会で成立めざす [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

さらに、裁判官の定年が65歳であるため、検察官もこれに合わせるべきだという意見もありました。 GW最後の週末、多種多様な人々が様々な疑問や意見を投げかけているのを見かけ、法曹の末席に身を置く筆者としては、冷静に当該法案に関する一旦の整理を共有すべきではないかと考え、筆を執った。

Next

検察庁法改正案への抗議の声に水を差す人が知っておくべき、今改正案の問題点

インターネット上では「検察庁法改正案」と呼ばれている。 普段から法律に触れている実務家はさておき、一般の方にとって束ね法案(今回の改正法案は「国家公務員等の一部を改正する法律案」として関連する法律の改正案がセットで提出されている)を1から読み解くのは骨の折れる作業かと思われる。

Next

検察庁法改正案、なぜ三権分立が揺らぐ?日弁連副会長「検察官は司法に密接に関わっている」

内閣や法相が必要とすれば、検事総長や次長検事らが最長3年とどまれる特例があり、政権の都合のよい幹部だけを残す恣意(しい)的な運用ができる恐れがあると指摘されていた。

“定年延長”黒川弘務検事長に直撃取材 検察庁法改正で「安倍政権ベッタリ」の検事総長が誕生する

勧告を受け、法務省が検察庁法で規定される検察官の定年延長について協議した結果、令和2年度通常国会に改正案を含む国家公務員法改正案を提出する方針を決めた経緯がある。 (2)検察の暴走を止めるのは内閣? 検察の暴走とは、つまり検察官が行う捜査によって人権侵害を引き起こす恐れがあるということです(人質司法や冤罪問題)。 「 検察庁法改正案に抗議します とか言ってる奴ら、むしろ問題なのは検察官起訴独占主義と独自捜査権限と人質司法のコンボなのであって、そこが三権分立を脅かしてること知ってるんかいな。

Next